通貨編

発行される通貨によって債券は色々な種類に分けられます。払い込みと利払い、償還の3つの通貨で考える事が多いです。円貨建て債券と言った場合には、払い込みも利払いも償還も、すべて日本円で行われます。日本国内の企業発行体が発行するものが多いですが、海外の企業が発行するサムライ債などもあります。
外貨建て債券とは、すべて外貨で行われるものを指します。購入するときには金融機関に日本円で払い込むこともありますが、このときには為替レートが適用されて外貨に交換されます。償還や利払いについても、最終的には日本円に両替されることが多いですから、日本円でのやりとりになりますが、為替リスクが存在するという点は特徴的です。お金09
二重通貨建て債とは、複数の通貨を用いるものを指します。例えば、払い込みと利払いが日本円で、償還が日本円以外の債券などがあります。これはデュアルカレンシー債と呼ばれることもあります。償還が日本円以外と言うことですから、為替リスクはあります。リバースデュアルカレンシー債はその逆で、利払いが外貨で行われて償還は日本円で行われます。ですから、インカムゲインに対して為替リスクがあるという特徴的なものとなっているのです。

Comments are closed.