政府保証債

政府保証債とは、政府が元本や利子の支払いを保証する債券を指します。政府関係機関や特殊法人などが発行する債券には政府保証がつけられていることが多いです。政府が保証してくれれば安心して購入する事ができます。どんな場合にも保証ができるのかというとそうではありません。法律によって保証をつけることができるものは限られています。

 

政府が保証するのですから、リスクは国債と同じと考えられます。同じリスクなのですから利回りも同じであることが原則ですが、少し高い場合もあります。具体的にはどのようなものがあるのかというと、例えば日本政策投資銀行が発行するものがあります。経済の持続的な成長のための資金として日本政策投資銀行が融資を行う事がありますが、これに政府保証が付くことがあります。

 
他には日本道路公団が発行する債券なども政府保証が付くのが基本です。一般的な債券は証券会社が引き受けて販売をするのが一般的ですが、政府保証があれば国債と同じように扱われ、銀行が引き受けることもあります。発行自体があまり多くはありませんから、機関投資家が消化することが多く、そのために一般の個人投資家まで流れてくることは少なく、購入できる機会は少ないでしょう。

Comments are closed.