利付債と割引債編

債券を保有することで利益を得る事はできるのですが、この利益は他の金融資産と同じように、キャピタルゲインとインカムゲインとに分けられます。キャピタルゲインとは、資産価格そのものの変動によって得られる利益で、インカムゲインとは資産が生み出す利益を指します。
インカムゲインを得られる債券が利付債です。利子を得ることができます。額面金額で購入して、そして額面金額の償還を受ける事ができる場合が多いですから、基本的な利益は利子のみだと考えておくのが良いです。
割引債はインカムゲインがなくて、キャピタルゲインが約束された債券です。額面よりも安い金額で買うことができ、額面金額で償還を受ける事ができる場合が多いです。利子を得ることはできない代わりに、安く買うことができるのです。例えば、額面が100万円の債券を90万円で買うことができれば、償還まで待つことによって10万円の利益を得る事ができます。
既発債の中には利子を受け取ることができるものもあり、状況によっては額面よりも安く買うことができる場合もあります。このような場合には、利子を受け取りながら値上がり益を得ることができますから、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を受け取ることができます。

Comments are closed.