国債・社債編

国債とは、国家が発行する債券のことです。
発行時に償還期限と利率が決まっていて、買った人はそれに準じた利息を受け取ることができます。
償還期限を迎えた時に、発行時の金額(額面額)が支払われます。
国家への融資なので、比較的リスクの低い投資だとされています。
他の債券と同じく市場で売買することが可能なため、常に価格が上下しており、その金利は発行している国の社会動向や経済情勢を反映しているため、政治的にも重要な要素だとされています。
一方、社債とは私企業である会社が発行する債券のことです。
株式と似ていますが、株式は「資本」であるのに対してこちらは「負債」、つまり借金という違いがあります。
社債を募集する方法には、公募と私募の二種類があります。
それぞれ、「公募債」「私募債」と呼ばれます。
公募債は、一般的に多額の資金を集めたい時に発行されます。
一方、私募債は様々な目的で発行されます。
発行に際しては、株式と同様に「金融商品取引法」が適用されます。
よって、発行する会社は、「有価証券報告書」を提出する義務があります。
また、発行するには取締役会の決議が必要です。
取締役会が置かれていない会社の場合は、取締役の過半数による決定が必要です。

Comments are closed.