地方債とは

地方債とは都道府県や市町村などの地方自治体が発行する債券のことです。公共工事など地方自治体がおこなう事業の資金を集めるために発行されますが、国債と異なり使途が明確にされているのが特徴です。 この債券は国債と同じく公的機関により発行されているものなので、信頼性が高い安全資産といえます。しかも国債よりも金利が高めになる傾向にあるのも魅力です。 ただしリスクもあります。国だけでなく地方自治体においても財政は危機的状況にあります。北海道の夕張市のように実際に破綻してしまうことになれば、元本の完全返還は困難になってしまうのです。 債券の購入窓口となるのは証券会社などです。ただし証券会社によって取り扱っている債券が異なりますので注意が必要です。また販売額に限りがありますので、目当ての債権が必ず購入できるわけではありません。なお使途が具体的に提示されているミニ公募債券については、多くの場合、債券の購入者を地域住民に限定しています。 税金についてですが、現在この債券の売却益については非課税となっていますが、利息については税金がかかり、源泉分離課税の対象となります。また償還差益については雑所得として総合課税の対象となります。

Comments are closed.