債券の種類と購入

債券の分類方法としては発行体によるものがあります。政府や政府機関、あるいは地方公共団体が発行するものを公債、民間企業が発行するものを社債と呼びます。
利益構造による分類もあります。利付債とは、利子を得ることができるものを指します。元金に表面利率を乗じた金額を受け取ることができます。額面金額で購入することが多く、償還のときには額面金額を受け取ることができますから、利子が収入源となります。
割引債は、額面価格よりも安く購入できるものを指します。例えば、100万円額面のものがあったおして、それを98万円で買うことができます。償還時には100万円を受け取ることができますから、2万円の利益を得る事ができるのです。これが割引債です。
通貨によっても種類があって、円債と言えば円建てのものを指します。ドル建てのものはドル債などというように、どの通貨で発行されるのかによって区別します。日本円以外にものはすべてまとめて外債と呼ぶ事もあります。償還が日本円で利子が外貨のものなど、いろいろなものなど、複数の通貨を組み合わせたデュアルカレンシー債などもあります。海外の発行体が日本円で発行するものをサムライ債と呼ぶ事もあります。

Comments are closed.